Pocket

ボイストレーニングへのお問い合わせが増えています。

実はこのサイトを制作する前にメインで動かしているサイト「スピーチボイトレ駒込校」のHPが

何やら最近アクセスが増えておりそこからのお問い合わせが確実に伸びています。

先生がたにも色々と体験レッスン等お願いする手配をしているところです。

ムラーラミュージックオフィスに体験レッスンを申し込む方は一体何を求めている方々なのでしょう?

圧倒的に多いのは、メンタルと声の事。

意外や意外。歌が上手くなりたいとか、上手に人前でスピーチが出来るようになりたい。という要望はうちの場合意外と少ないのです。

それがほかのライバル校さんとの圧倒的な違いになります。

スピーチがうまくなって、自信をつけたい、というよりも。自分が納得できる話し方をして、自分に自信をもてるようになりたい。

という要望の方が圧倒的なのです。

技術は、メンタルがあってこその技術向上だという事がうちの理念なのですが上手にそこをくみ取っていただけている事例だと感じています。

少し前に流行ったびりぎゃる。これもまさにそれと同じこと。
日本人は昔から水戸黄門が好き。

日本人は昔から水戸黄門が大好きです。

あの、大ヒット水戸黄門がなぜあんなにも流行るのか。

それは日本人の特徴を上手にコチョコチョしているからなのです。

日本人は、出すぎる人は嫌い。出すぎないのに、出来る人が好き。能ある爪は隠し通して最後に大どんでん返しがいい。

控えめな人が、実はスーパーマンだったとか大好き。

頼む!スカッとさせてくれ、あいつらの先入観を叩き壊してくれ!と実はいつも思っている。

出来すぎじゃない美談が好き。

言い過ぎかもしれませんがこのような感じでしょうか?

出来る「教師」「塾の先生」はみんな知ってる。

どうやったら子供が伸びるのか?

方法は二つしかありません。
1適性を見極めること。

2褒めること。

この二つだけです。

ボイトレは大人の方も来ますが子供さんも来ます。でもメインは大人の方です。

でも同じなのです。

生徒さんが喜ぶレッスンの出来る先生は、絶対に優秀な営業マンになると思います。

そして、それだけで絶対に食べていける。最高のサービス精神だと私は思うのです。

しかし、知っておきたい体の事。メンタルだけでは声は出ない。

こういう記事をアップすると、じゃメンタリストじゃないのよ、ボイストレーナーって?っていう話にもなってしまうので

そこはきっぱり否定しておきます。

もちろん違います。フィジカルがあってメンタルがあって初めての化学反応です。

その方のフィジカルの調子を見ていると日々のルーチンもだいたいわかってきます。

寝不足になりやすい周期、生理前の様子、睡眠不足に陥りやすい理由、その他もろもろ。

なんでも把握していて初めてこの仕事成り立ちますから。

正直、心と目を休めている暇がありません。

マジです。

この仕事、相当大変です。

覚悟しましょう。(笑)

応援お願いします

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村
Pocket