Pocket

宅録対応のレッスン、ご好評いただいております♪

宅録対応のレッスンでは、画面共有を使用して生徒様側の画面を講師側に表示いただき、原稿を読み上げていただくことも可能です。

例えば、外部に流出させられないコピー不可の原稿などは、その場だけで読んでいただくようにしています。

当校が独自に作成しているナレーション原稿は、基本私(代表)より、各講師にファイルでお送りしておりますので、そこから各生徒さん方に事前配布しております。

原稿は、その時その方に何が必要なのか?講師が判断し、お送りしたり

私が相談を受けて判断し、お送りしたり、様々で対応しております。

原稿も本来は印刷しておいた方が、書き込みもしやすいので、なるべく印刷していただくのをお勧めしております。

関東近郊以外の方にもご利用いただけるようになり、うれしいです。

オンラインレッスンの良いところは、そう。距離感が無いところ。ここに尽きます。

やはり、遠いから通えない。出来ない。というお悩みはよくいただきますし、あとはコロナが心配で外出できない。という所もとても大きい所なので、

コロナも関係なく、宅録のためのレッスンに集中いただける。というのがとてもうれしいです。

家に居られて、営業する側(わたしたちから見ると生徒さんの事です)の皆さんも、在宅をしながらPC上でプロモーションをされて行かれるので

お互い移動距離もなく、やり取りだけで出来るのは本当に大事なことですね###

通う負担なし、ご自分の仕事環境でレッスン出来る。とても大事です。

パソコンに向かって話すのではなく、あくまでスタジオにいるときの感覚を。

オンラインレッスンで気を付けるべきことは、宅録の時に気を付けることとイコールです。

「マイクのふきが強い」と言われれば、何故マイクを吹いてしまうのか?ハ行で吹くのかそれ以外で吹くのか。

ブレスが甘いのはなぜか、ブレスが甘くなってしまう原因は「読み癖」なのか「滑舌や基礎力の問題なのか?」

よく、まだ対面でのレコーディングが当たり前だったころ、こういった生徒さんがいらっしゃいました。

「スタジオに行ってしまうと、緊張して声が出なくなってしまう。どうしたらよいのかわからない」という事でした。

その方は、今、レッスンもオンラインになって、収録もスタジオと宅録が半分半分になった今、スタジオ収録でも緊張しなくなったといいます。

これ、「環境が同じなんだ」という事に気づけた良い例だと私は思っています。

宅録でボイトレ、滑舌特訓が必要な皆さん、ぜひお問合せ下さいませ。

応援お願いします

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村
Pocket