Pocket

良いボイストレーニング教室の探し方VOL2

まず、良いボイトレ教室の探し方VOL1をご覧ください。

そして、良い教室を探すには、「ボイトレ」って本当は何なの?という事を知っていなくてはなりません。

さて、みなさん「ボイストレーニング」って繰り返し呟いてみてください・・・・。

何だろう?ボイトレって・・・。

そうですね、例えば

「脳トレ」~脳を鍛える。

これは、体の中で単体として「トレーニング」としてあげられるものです。

しかし、脳も体の一部。「筋肉トレーニング」という言葉は存在しますが

体の一部を「トレーニング」と挙げていうのは私の記憶するところでは

「脳」と「声」のみです=下半身トレーニングなどエリアを指す言葉は別にありますが・・・・。

ボイトレは、自己表現する能力のためにボイス(声)を鍛える訓練です。

逆に、なぜ「声を鍛えるんですか?」と尋ねたとしましょう。

そうしたら、「自分に自信をつけたいから」とか「大きい声だと人に好かれるから」とか、皆さん気づかない間にパーソナルな部分で、「声が絶対的に必要だと」自動的に考えているのです。

先ほどのVOL1のブログの最後に書きましたが、

良いスクールを知りたければ、通っている人に「会って」その様子を実際に見るのが良い。

のです。

正直笑い話なのですが、

「○○さんが私のボイトレ気に入ってくださってるなら、お友達紹介してくださいよ~」

って言いますと

「嫌です」。

と速攻言われます。

冗談で「営業妨害だ~~!!」なんてお互い笑いあってますが、私の生徒さんはほとんどがそうなのです。

それなのに、私が今関わらせていただいている方はほとんどが口コミです。

それはどういうことなのか?

ボイトレを受講している方の周りの方が自主的に来られるか、その周りの方が営業をしてくださるのです。

その周りの方がレッスンをしていないケースが多いのです。

それは実際に音楽事務所関連の方であったり、様々なのです。

本当は一度体験いただくのが一番なのですが・・・・。

さ、ここから本気を出しますよ?( ´∀` )この後の記事、ボイストレーナーの方で困っている方がいたら

是非私の体験レッスン、いや「生徒さんとの向き合い塾」を受講してください。(笑)

私は名刺に「心理カウンセラー」と書きたいがためだけに「民間のカウンセラーの資格」を取りました。

はっきりいってそれだけのためです。

それ以外理由はありません。なぜならば資格は不要だと思ったからです。

私も人間だから、だめな所は当然ありますが、仕事ではあくまでそれを見せてはいけませんし、

近い様で近すぎない、けれど相手の方に距離を感じさせない親密さとおおらかさ

これをモットーとして頑張っています。

次のブログで、企業秘密を語ります。

 

 

応援お願いします

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村
Pocket