Pocket

ナレーション原稿を随時アップしております。

ムラーラミュージックオフィスで使用しているすべてのナレーション原稿は基本的に代表自ら製作しております。理由は、基本的に著作権にひっかかる文章はレッスンで使用したくないということと、ほかに、生徒さんにお持ちいただく原稿などは当然複製・持ち出し等できないものとなりますので、気軽に利用できるものを学校で独自に制作しているということになっております。たまに、当校に通学中の生徒様から「ボイスサンプルで原稿を使用させてほしい」というようなお願いもいただきますが、オーディションなどの重要な機会におかれましては、原稿の内容に関して不利益になった、等のクレーム等がなければ何でも好きなようにお使いください。とお願いしております。

ナレーション原稿のバリエーション。

ナレーション原稿の制作を始めて、だいぶ私自身も慣れてまいりました。というのも、生徒さん方がワークショップなどで読まれているとされる原稿の内容等のお話を参考にすると、おのずと今巷でどういったものが読まれているのか?ということが自然とわかってきます。

物のCM

物語調のもの

インフォメーションもの

これらのようなものがよく読まれています。企業さんの「モノのCM」は、今本当にフラットな読み方が推奨されていますし、物語調のものも、基本的には朗読調になりすぎず、テンポ感と声そのものの抑揚のみで読まれています。インフォメーションものは、拡声器のように無機質に読むのではなく、すぐそばに対象となる人がいるような丁寧な読み方をしていきます。こういった新しい情報を、生徒さんそれから、講師との間にシェアをしながら、学校内でのナレーションレッスンレベルを上げることに一生懸命になっております。

サンゴンの掃除機 思考大学インフォメーション 星座レストラン原稿

こちらの三部の原稿は、これらの条件を満たす原稿3部です。お客様の自己責任においてDLしてお使いくださいませ。また、YOUTUBE等でもナレーションのレクチャー動画をアップしております。

最終的に、ナレーションで「音域を広げる」にはやはり英語での音声学がどうにも不可欠です。こういった英語の音声学的なレッスンの対応が可能なのは私と、駒込教室に来校中のHAYATO先生のみとなっております。

気になる方はどうぞお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

応援お願いします

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村
Pocket